食品物流のエキスパート

お客様の要望を満たす物流を目指して。

「物事の方向性」を共有し統一し、お客様の要求事項に合致した物流マネージメントシステムの確立を目指してまいります。
マニュアルおよび手順書・工程表・業務フロー等を文書化し、計画を実行し、物流プロセスの適合性を各種物流データに基づき分析し、継続的な改善活動を実施してまいります。
物流を通しクライアントのマーチャンダイジングにおける一役を担う事を弊社の使命とし、お客様への「想い」を物流にて後方支援できればと考えております。

4つの約束

私たちは、お客様が納品先に対し何時にいくつをこんな姿で美味しい商品をお届けしますとした約束を預かり約束通りにお届けします。
お預かりした商品を待ってる人がいます。
業務継続を真に求め預かった約束を守り積み重ね信頼を得たい

時間
早着・遅着が無いよう
数量
欠品が無いよう
形
破損が無いよう
風味
鮮度が損なわれ無いよう
冷蔵・冷凍・鮮度管理
4つの約束

合理化の3原則

日幸産業運輸株式会社は下記を合理化の三原則として掲げます。

汎用化・単純化・標準化

Specialization
専門家=多機工化・汎用幾化

4つの約束

日幸産業運輸株式会社は下記の事を考えながら業務に向き合っております。

排除
なくす事はできないか?
結合
一緒にする事はできないか?
変換
順序を変える事はできないか?
単純
簡素化する事はできないか?

Nikko 5s 活動

要るものと要らないものを区別していらないものは撤去する
要るものを使いやすいように置き、誰でも一目で分かるように明示する
トイレ、庫内、構内、車輛、事務所、物流整備を常に掃除し、きれいな状態にする
整理、整頓、清掃の3Sが繰り返し維持されている
決められたことを、いつも正しく守るよう習慣づける

会社概要

新たな物流業として顧客から要望される企業への変革を目指します。

①
今までの運送業の概念を超えた
②
自ら新しいニッチ市場を発掘し
③
同質的な競争を行うことなく
④
日々進化を遂げる市場を常に見つめ
⑤
自己との競争により

真の顧客重視経営を追求してまいります。

経営理念

  • 私たちは様々な環境変化に柔軟に適合し、社会性と人間性尊重の企業を目指します。
  • 食の安全を物流でサポートする透明性ある企業集団を目指します。

精神

  • 共存共栄の精神

心情

  • 素直で謙虚な姿勢を堅持し、知性と心の豊かな人間性を醸成します。
  • 知恵と汗にて、より良い顧客サービスを通じ社会へ貢献します。
  • 健全な収益で企業の発展を追求します。

ハート機能

  • わたしたちが仕分けた商品を持ってる人がいます。
  • わたしたちが配送する商品を持ってる人がいます。
  • わたしたちも店舗の一員です。

沿革

私たちのこれまでの歩みをご紹介致します。

1992年 10月
設立 一般貨物自動車運送事業認可取得
スタッフ15人 年商4億
1997年 2月
第一種 利用事業運送認可取得
スタッフ20人 年商5億
   
2002年 2月
3温度帯汎用物流センター 1000坪 竣工 倉庫事業認可取得
スタッフ70人 年商12億
2002年 2月
車両動態 庫内温度監視システム クリアトランスポート運用開始
2005年 8月
WMS 倉庫管理システム kuraweb運用開始
スタッフ110人 年商14億
2003年 7月
ISO9001:2000 認証取得
2006年 10月
3温度帯汎用物流センター 1000坪 増築
スタッフ120人 年商20億
2006年 10月
SDS セイフティー・デフロスト・システム 運用開始
2009年 11月
ISO9001:2008 更新
スタッフ130人 年商24億
2010年 10月
エコボンド 社債発行 一億
スタッフ140人 年商26億
2011年 12月
エコシップ・モーダルシフト 優良事業者認定
スタッフ150人 年商28億
2012年 12月
食品衛生法(第52条)認可
スタッフ160人 年商30億
2014年 11月
3温度帯対応 1000坪汎用センター増築
スタッフ180人 年商33億
2015年 11月
エコボンド 社債発行 一億
2015年 12月
安全優良事業所 Gマーク 認証取得
スタッフ200人 年商36億